おおきなかぶ学童保育日記

NPO法人 民間児童館おおきなかぶ
Posted by NPO法人 民間児童館おおきなかぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by NPO法人 民間児童館おおきなかぶ

夏休みに学んだこと

おおきなかぶでは、中学生から大学生までのボランティアやインターンシップが活躍しています。今年の夏休みも、たくさんの学生さんたちが参加してくれました。
リーダーとしての立場で、子ども達をまとめる大変さなどを学んだようです

学生さんたちから、夏学童の感想文をいただきましたので、
この場をお借りして、ご紹介させていただきます

・・・

Mさん(中学1年生)の感想

『おおきなかぶで学んだ事』

私は、今年の夏休みに、特別におおきなかぶに行かせてもらいました。
そこで、学んだことがあります。
1つ目、今年は中学生として行ったので、まとめる役が何度かありました。
先生の立場になってみると、とても大変でした。
「静かにして」と言っているのに、静かにしてくれなかったり、静かになっても、またどこかで「コソコソ」話したりする事が何度かありました。
2つ目、今年、一番心に残っているものは、
「言われた事を真に受けない」
と言うことです。
部活をやめた事の理由の1つでもありました。
自分は言われて、傷ついているのに、相手は気付いていない。
相手は、そういうつもりはなくて、言ったかもしれない。と、言われると、傷ついていた、自分がバカみたいでした。
将来、仕事につく時に、言われていちいち、くよくよしていたら、続けられない。
自分でお金をかせがなければならない年になるのに、そのような事があってはいけない。
「バカ」
と、言われたけど、自分は、
「かってに言ってなさい」
くらいの気持ちでないと、「生きて行けないのかな」と本気で思いました。

おおきなかぶで、生きるための事、生きるための大切な事を学びました。
中嶋さん
ありがとうございました。

・・・

Maさん(高校1年生)の感想

『夏学童』

私は、この夏学童が一番最初だったので、最初はいつもの学童より人数も多いし、1日中だったし何をすればいいか、とまどっていました。
子ども達が悪いことをしたりしても叱り方とかわからなくて、自分でも何を言っているのかわからない事も多々ありました。叱れないし、勉強もあまり教えられなくて、何もできなくてすごい役立たずだったと思います。
すみませんでした。
でもこの夏休みは、肉体的にも、精神的にも強くなれたような気がするので、普段の学童の時にもいかせる事ができたらいいな、と思います。
これからも先生方をお手本にしてがんばりたいと思いますので、よろしくお願いします。

・・・

保護者様へ

いつもおおきなかぶにご理解とご協力をいただきまして、誠にありがとうございます。おおきなかぶでは、異年齢の関わりを通して、心を育てる活動を行っています。大きい子が小さい子の面倒をみたり、遊びやルールの伝達をしたりと、お互いが相乗効果で育つ保育を実践しています。
これからもおおきなかぶは、学生さんたちの社会勉強の場になるよう、また、お預かりしている子ども達もいずれはリーダーになれるよう指導して参ります。
今後ともご理解とご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成22年9月18日
NPO法人民間児童館おおきなかぶ
理事長 中嶋 悦子

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。