おおきなかぶ学童保育日記

NPO法人 民間児童館おおきなかぶ
Posted by NPO法人 民間児童館おおきなかぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by NPO法人 民間児童館おおきなかぶ

子どものためのコミュニケーション講座 1

おおきなかぶ夏休み特別企画
『子どものためのコミュニケーション講座』(高学年4~6年生向け) のご報告です。

開催日:7月25日(月)9:30~11:30
場 所:児童館おおきなかぶ
参加人数:19名(小学4~6年生)

110725610.jpg

質問:コミュニケーションって何だろう?

子どもたちの答え:
・アイコンタクト
・話すこと(言葉)
・気持ちを伝える
・相手の気持ちを聴く
・相手の気持ちを考える

言葉について:
「ありがとう」「ごめんね」という言葉を伝えたいとき
目を合わせず、態度も悪い、声のトーンが低かったら?

子どもたちの答え:
・感謝の気持ちが伝わらない
・謝っている感じがしない
・嫌な気持ちになる
・こわい など

質問:気持ちはどうやって伝えたらいい?

子どもたちの答え:
・きちんと相手の目を見て言う
・態度をよくする
・やさしい声で言う
・気持ちが伝わるように言う など

コミュニケーションの基本について:

言葉(バーバル)は、7%しか伝わっていない
言葉以外(ノンバーバル)は、93%も相手に伝わる

ノンバーバルとは?

顔の表情、態度、アイコンタクト、声のトーン、身振り、手振りなど、
言葉以外のコミュニケーションのこと

☆二人一組になって話してみよう!

1、お友達の気持ちを知ろう!聴いてみよう!

2、自分の気持ちを伝えよう!

☆グループになって話してみよう!

3、みんなで協力するって、どんなこと?

4、みんなで話し合ってみよう!


協力することについて

子どもたちの答え:
・困っている人がいたらみんなで助け合うことが協力すること
・東日本大震災で避難している人に義捐金の協力をすること
・行事(お祭り、運動会、競技大会)で協力すること
・家でお手伝いをすること
・学校で給食当番や学級活動を協力すること  など

☆リーダー研修

質問:リーダーってどんな人?何をする人?

子どもたちの答え:
・みんなをまとめる人
・世話をする人
・見本になる人
・話をよく聴いてくれる人
・責任を負う人
・味方になってくれる人
・純粋な人
・しっかりしている人
・頭がいい人
・やさしい人
・面倒見がいい人
・すばやい人
・行動力のある人
・積極的な人
・責任感がある人
・思いやりのある人
・正しいことを考える人

↑こんな人がリーダーになるといい

子どもたちの感想・まとめ:
・今日の番今日で、言葉だけでは相手に伝わらないということがわかった。だけど、表情、みぶり手ぶり(ノンバーバル)をつけて話をした方がよく伝わる。
・ノンバーバルは93%相手に伝わることがわかりました。
・協力することリーダーのことを詳しく知ることができました。
・実際に友達と話をしてみると楽しく会話ができるし、友達の気持ちがわかるのでこれからもノンバーバルをつかいたいと思いました。
・人の気持ちを考えて、それを発表するのは楽しかった。
・今日の勉強では、ノンバールの大切さがよく分かりました。言葉よりも表情などの方が大切ということもよく分かりました。
・話のちがい方で、よく伝わる言い方と、全く伝わらない言い方があることがすごくわかり、やくにたったと思います。
・今日の勉強では、話のちがい方で、よく伝わるいい方(ノンバーバル)をつかわないと、相手にはよくつたわらないということがわかりました。
・言葉だけだと人によく伝わらないことがよくわかった。
・言葉だけではなく、表情を入れて発表をする。バーバルとノンバーバルでは、93%もちがうことがわかった。
・バーバルとノンバーバルは、両方とも大切だ。
・バーバルやノンバーバルがあるって知りました。両方とも大事です。
・言葉だけでは伝わらなく、表情もいれてあげることが大事。
・ノンバーバルは93%で、バーバルは7%だから、ノンバーバルを多く取り入れる。コミュニケーションをとるときは言葉だけでは足りないということがわかった。
・表情などのことをノンバーバルというのを始めてしった。ノンバーバルの方が伝わるということがわかった。

講師からの感想:
終始、楽しく講座ができました。私が、会話の悪いいい方を見せる度に、「目が怖~い。いい方がキツイ。態度が悪い」などと気になったところを言ってくれました。「どうやって伝えたらいいと思う?」という質問に、「きちんと相手の方を見る。態度を正す。やさしい声で言う」など、たくさんの意見がでました。
本当に子どもは素直で、教わったことをすぐに使おうとしていました。これは大人の方が見習わなくてはいけないことですね。
大人になっても、どんな仕事に就いても、コミュニケーションってとても大切なもので、生きる力になるものですよね。子どものうちから身につけておきたい大事なスキルです。
それにしても、子どもたちの感性や意見は見事なものでした。
さすがは、おおきなかぶの子どもたち。素晴らしい!!

講師:中嶋 悦子(NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。